はだキュアはライター陣によるスキンケアの体験レビューと、一般参加型の口コミを掲載。悩み別、成分別などカテゴリを多角的に細分化し、好みや目的に応じてコスメをチェックできるのが特徴です。親切さとわかりやすさを徹底し、使いやすさを重視しました。

はだキュア | コスメ商品を体験しスキンケアレビュー

リップケア ジェル ホホバ スクワラン 温泉水 ハーブ 乾燥肌用 敏感肌 ハリ たるみ・リフトアップ 時短コスメ 抗酸化 無添加 低刺激 通販限定 メイク直しに便利 エイジングケア 精油入り 和漢 抗炎症・鎮静 くすみ アトピー 毛穴 肌あれ オールインワン

ViTAKT バランシングウォータージェル | オールインワン

更新日:

近所のスーパー銭湯に備え付けてあったスキンケアアイテムが肌に合わず、トラブルに見舞われました。

あれ具合からいって、ファンデはつけない方がよさげ。仕方なく翌日の打ち合わせはマスク姿で出席することに。

同席したライター仲間がちょうど敏感肌のスキンケアを特集した案件も並行して携わっているみたいで。

美容ライターの口こみもそこそこだから間違いないだろうと、進められたのが「ViTAKT バランシングウォータージェル」。

携わった媒体のコスメ特集でも見かけたことのあるオールインワンで、気になるなぁとは思っていたスキンケア。

サイトをチェックすると限定価格がかなりお値打ち!トライアルばりのプライスでフルボトルをGETできると知り、ViTAKT バランシングウォータージェルを購入してみました。

>>公式サイトはこちら<<

保湿と浸透のバランスにこだわった温泉水を含むプレミアムな成分配合

ViTAKT、北欧っぽいこのアルファベット。「美」を「タクト」(指揮者)するという意味でヴィタクトと読みます。

このViTAKTバランシングウォータージェルが目指すもの。それは、こだわりぬいた成分でお手入れするシンプルなスキンケア。

合成着色料、パラベンシリコン、エタノール、鉱物油などを不使用とした、肌へのやさしさを第一としたオールインワンです。

厳選された良質なものだけを取り入れたというViTAKTバランシングウォータージェルのプレミアムな成分3つをご紹介しましょう。

プレミアムな成分その1:北アルプス温泉水配合

全国有数の降雪地帯で知られる北アルプス地方。そこに鎮座する立山連峰の雪解け水は、長い年月をかけて豊かな森林と山岳地帯の地層によって不純物などを吸収・濾過。採水時にはミネラル分を豊富に含んだ状態になっています。

この水には、美肌効果が高いとされる温泉成分のメタケイ酸も豊富に含有。そのため「温泉水」と称されているわけですが、分子構造が極小で浸透力に優れています。

短時間で角質層まで潤いをリーチさせることができ、保湿力をスムーズに強化。敏感肌にも有効な温泉水は、乾燥肌対策にも役立ちます。

プレミアムな成分その2:希少価値の高い、ウチワサボテンオイル配合

乾燥肌向けのアイテムに重宝されている、注目のアルガンオイルを超えた美容オイル・ウチサボテンオイルを採用。

アンチエイジング効果が高いとコスメライターの間でも話題のこの美容オイルは、肌のハリに必要なリノール酸の含有量は、アルガンオイルの1.8倍。

潤いのある肌を保ち、肌の酸化を防ぐビタミンEの含有量は、あのアルガンオイルの1.6倍と、保湿力とダメージのリカバリー力に長けた成分配合。

さらに、新陳代謝を促進するオレイン酸も豊富に含有され、美肌の肝となるターンオーバーをサポートします。

プレミアムな成分その3:ヒアルロン酸超えの保湿力がスゴイ!サクラン配合

「保水」や「保湿」とくればヒアルロン酸を想起することと思いますが、その3倍の保湿力があるとの研究成果が発表され注目度が急上昇しているのがサクラン。

うつおいの持続にも定評があり、乾燥肌の救世主と呼び声の高い美容成分です。

日本でも九州のごく一部にしか生息が認め去れない藻の一種・スイゼンジノリから抽出した希少なもので、粘性に富んだ性質とバリア機能が特徴で、肌を外的刺激からプロテクト。敏感肌にも強い味方です。

商  品  名 ViTAKTバランシングウォータージェル(美容液ジェル)

容     量 120ml※約2か月分

価     格 9,800円(税抜)→限定特別価格1,800円(税抜)※条件アリ

製造販売元  コスメテックスローランド株式会社

発  売  元  株式会社ゼノシス [*]

>>公式サイトはこちら<<

ViTAKTバランシングウォータージェルの使用方法

朝晩、洗顔後ViTAKTバランシングウオータージェルを2プッシュ分手に取ります。

手のひらでジェルを軽く揉んでなじませるようにして顔に塗布。

ゆっくりジェルを伸ばしつつ、押し入れるようにして浸透させていきます。

ハンドプレスして仕上げましょう。

敏感肌にも乾燥肌にもOKのオールインワンは浸透力と使用感が◎

 

 

「卒業証書の筒みたい!」と思わずタイムリープしそうになったのは、ViTAKTバランシングウオータージェルのパケージが、箱というより筒っぽい造形だったから。

梱包を開けて現物を取り出そうとしたら、先制攻撃を受けた心境と言ったらいいのか。

ビジュアルのインパクトの強さにやされました!フタを抜いた時のスポッという音を耳にするとほぼ同時にViTAKTバランシングウオータージェル本体とご対面。

購入時サイト見た感じは重たいすりガラスだったのですが、実際はすりマットな半透明に近いツヤ消し具合のプラスチックの軽量なボトルでした。

印字もシンプルに「ViTAKT」とあるだけで北欧系のオシャレ感が漂っています。無印良品の化粧品のラベルにもやや似ていると感じる人もいるかも。

オールインワンジェルは丸形で平べったい容器が多い中、このViTAKTバランシングウオータージェルは高さ約16cmすらりとしてスタイリッシュ。

スパチュラ不要で片手で使えるプッシュタイプは、衛生的。いちいち蓋を開閉する手間もないので、私好みかな。

さっそく手の甲にパッチテストを兼ねて1プッシュ。テクスチャーは、とろみがあり手を傾けるとゆっくりたらーりと垂れてくる感じ。

温泉水が用いられていると感じるようなにおいはなくて、かすかにオレンジのような柑橘系の香りが。

ウォータージェルというネーミングの印象そのままに勝手にグイグイ浸透していくのだろうか?と試してみたのですが、40分以上経ってもジェルは一向に減りません。

不思議なことに、肌に置いたままではViTAKTバランシングウォータージェル自ら浸透していく素振りはナシ。

このオールインワン、手で馴染ませない限り肌に入っていかないんですよ。これは、ヴェールを作る成分配合が影響しているのか??ちょっと気になるところ。

手のひらで少しジェルを揉む様にしてから肌馴染ませた後は、保護膜のようなものが残っている体感が。表皮が平滑にコーディングされていました。この保護膜、確かに敏感肌とか乾燥肌にはよさげです。

低刺激でうるおいが続くオールインワン

今度は本番。洗面台で洗顔して説明書通りViTAKTバランシングウォータージェルを2プッシュ分を取り出し、手のひらで軽く練ってから塗布。

オイル配合とあるのでべたつくかと思いきや、製品名にウォーターというワードが入っているだけあってとても軽く、なじませるとさーっと顔全体にサラリとした質感で広がります。

指先のタッチも他のオールインワンジェルと比べるととてもスベリがよく、軽やか。

ハンドプレスする頃にはジェルはあっという間に角質層へ浸透したのか、跡形もなく肌の感触は指先がピタピタと肌に張り付くほど保湿されています。

これがサクランの威力なのでしょうか。2プッシュだと顔全体に充分行き渡るだけでなく、デコルテまでカバーできました。

この保湿感に関してはViTAKTバランシングウォータージェルの購入前から、いかほどのものか?気になっていたので合格点のクオリティに満足。乾燥肌向けのコスメと言われるだけあると思いました。

とても扱いやすい軽めのテクスチャーが好印象のオールインワンジェルは、皮膚の薄い目の下やほうれい線などにもすーっと馴染んでいきます。

パリパリした違和感もなく、赤味や痒みといった肌トラブルもありません。低刺激性ですし、敏感肌にもOKという触れ込みも偽りナシでしょう。

ViTAKTバランシングウォータージェルを使用して1カ月ですが、毛穴の黒ずみは目立たなくなり、くすみが薄くなったせいかワントーン明るい肌の色味に。

保湿の持続性も優秀で、夕方ごろに気になりだす目じりのヨレや口元の心もとなさといった、メイク崩れに悩まされることもなくなりました。

この強力な保湿力は、乾燥肌にも向いていると感じます。オイル配合のせいか、ファンデーションを重ねても艶っぽさが見て取れることからも、かなり使えるオールインワンなのではないでしょうか。

ViTAKTバランシングウォータージェルは無駄なものが配合されていないので、肌がニュートラルな状態に戻った気がします。

極力刺激を排除していいてかつ、温泉水を使用していると思うとリラックスしてケアできました。

温泉=癒しというイメージは大きいですよね。そういう意味では敏感肌にも適したスキンケアと言えそうです。

夜のお手入れで使っても長時間の保水力効果のおかげで、朝に肌を触るとしっとりしています。これは、保湿成分もさることながら、オイルが配合されていることも関係がありそう。

用途が豊富でマルチな活躍ぶり

最も驚いたことは、1週間ほどViTAKTバランシングウォータージェルでケアしてきて、目の下がふっくらしてきたこと。

継続してうるおいとチャージしてきたことで保湿が十分になされ、ハリ感が出てきたのかもしれません。乾燥しがちな目元のキメも整ってきた様に思います。

外出時は、乾燥対策やメイク直しにミストなどを持ち歩いていましたが、意外とViTAKTバランシングウォータージェルはメイク直しアイテムとしてもお役立ちでした。

力加減に注意しながら適量をファンデーションの上から軽く数か所に置いていきます。手でポンポンと叩くとその浸透力のよさが効いてすーっと肌に馴染みました。

すぐにファンデーションを重ね塗りしてもベースメイクに影響はナシ。目の下や鼻筋などに塗布すると、オイル効果なのでしょうか、ツヤっぽさが出てパッと明るく見えて天然のハイライトとしても活躍してくれます。

サイトで美顔器と併用したという感想を発見したので、私も真似してみました。

ViTAKTバランシングウォータージェルを顔に塗布しスチームでマッサージしながら数分後。顔がツルツル。

温泉水と関係あるのか?美肌の湯につかった後に似た肌の感触。鼻の頭をなでると「キュッキュッ」と音がなります。

温められたウチワサボテンオイルがよりよく浸透したのでしょうか、しっとりしつつも指先には弾力を感じられます。

唇もケアしてみると、ぷるるんとした仕上がりに。いつもよりセクシーに見てたような・・・。

様々な用途で活躍してくれた上に、美顔器使用時にも登板したこともあって約2か月目安のところ、私はだいたい1カ月半ぐらいで使い切りました。

温泉水配合なので、敏感肌の私でもトラブルなし。赤ちゃんからお年寄りまで安心して使える1本です。

敏感肌や乾燥肌でも使えるオールインワンは、使い心地も上々。ライフスタイルに応じてViTAKTバランシングウォータージェルを使いこなして美肌を手に入れてくださいね。

ViTAKTバランシングウォータージェル基本スペック

【形状】液体ジェル

【テクスチャー】とろみのある液体で肌になじませるとサラリと変化

【色】無色透明

【スメル(匂い)】ほのかに柑橘系

【マッチする肌質】オールラウンド※特に、敏感肌と乾燥肌にはおすすめ

【肌への刺激・やさしさ】低刺激

【使用感・効果】毛穴・ハリ

【手間・手軽さ】ポンプ式で片手でプッシュでき衛生的

【ケアに適した場面】朝・晩

【返金保証の有無】あり

ViTAKTバランシングウォータージェル5段階評価

評価項目 ☆評価
総合評価
効果・実感
保湿力
浸透力
コスパ
オススメ度
使いやすさ

ViTAKTバランシングウォータージェル評価まとめ

温泉水・ウチワサボテンオイル・サクラン・・・このViTAKTバランシングウォータージェルとっての三種の神器が本当に機能していました。

シンプルなので、それぞれの役目をしっかりと感じることができるオールインワンジェルだというのが正直な感想です。ですので、効果・実感の項目は5点。

とっても手軽にワンプッシュで使えて、残量も一目瞭然なので使いやすさも5点です。

オールインワンジェル120ml単体でこのコスパはありではないでしょうか。

浸透力が早いため、忙しい朝時間のスキンケアには最適でしょう。

美肌に重要な保湿ですが、ほぼ満点に近い4.5点。想像以上の保湿力を体感されてくれたのですが、エアコンをつけて就寝した、翌朝は肌が少々乾燥していました。

ナイトクリームなど重ねてつける工夫をしないとやや物足りなさがあったんですよね。

乾燥肌には向いていると思うのですが、いかなる時もViTAKTバランシングウォータージェル1本で完結できなかった点が減点の対象に。

それでも、使いやすさや好印象な使用感は目を引くものがありました。

効果・実感も満足でしたし、敏感肌と乾燥肌でも安心してケアできる点は決め手となって、総合は4.5点と高めの評価になりました。

温泉水パワーの効いたオールインワンのViTAKTバランシングウォータージェル。これからも支持を拡大していきそうなスキンケアだと思いました。

>>公式サイトはこちら<<

レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

-リップケア, ジェル, ホホバ, スクワラン, 温泉水, ハーブ, 乾燥肌用, 敏感肌, ハリ, たるみ・リフトアップ, 時短コスメ, 抗酸化, 無添加, 低刺激, 通販限定, メイク直しに便利, エイジングケア, 精油入り, 和漢, 抗炎症・鎮静, くすみ, アトピー, 毛穴, 肌あれ, オールインワン
-, , , , ,

Copyright© はだキュア | コスメ商品を体験しスキンケアレビュー , 2018 All Rights Reserved.